Deutschland-Lab

歴史や文化、スポーツなどドイツに関する情報まとめサイト

まとめ(3)ドイツ人家庭にホームステイした時のこと

f:id:novaluewriter:20210705141332j:plain

 

 

 

過去にシュツットガルト近郊に住むドイツ人家庭にホームステイをした時のことについてブログ記事に書いたが、その時に書いた3つの記事をまとめてみた。ドイツに行ってドイツ人と交流する時の参考になると思う。

 

 

今日は僕がドイツ人家庭にホームステイして、ドイツ語を勉強した時のことについて書いた記事をまとめます。1999年3月から5月末まで約3カ月間、僕はシュツットガルト西北にあるファイヒンゲン・アン・デア・エンツ((エンツ河畔のファイヒンゲンという意味)という町に住むH家にホームステイをしてドイツ語を勉強しました。その時の様子について過去に記事にしましたので、その記事をまとめます。写真上はファイヒンゲン・アン・デア・エンツ中央の広場。

 

deutschland-lab.hatenablog.com

 

ここにあげた記事は「ドイツ人家庭にホームステイをしてうまくいくコツ」であり、ホームステイをしたH家の家族構成、初めてあった時の自己紹介の様子などについて書いてる。

 

deutschland-lab.hatenablog.com

 

ここにあげた記事は「ドイツ人家庭にホームステイをしてうまくいくコツ(2)」であり、H家に自分の家族の情報を詳しく伝えたこと、実際にホームステイが始まった後に、家族とその友達とどのような会話をしたのかについて書いた。

 

 

結論としては、日本人はドイツ人と会話をする時はナチスドイツの戦争犯罪を非難するべきではないということ。同盟国だった日本人から非難されると、ドイツ人の中には怒り出す人がいるに決まってる。

 

deutschland-lab.hatenablog.com

 

ここにあげた記事は「ドイツ人家庭にホームステイをしてうまくいくコツ(3)で、H家の人々と第二次大戦の日本とドイツの同盟関係について、かなり踏み込んだ話をした時のことについて書いた。H家の奥さんのお母さんがイースターの時にH家にやってきて、第二次大戦を体験している奥さんのお母さんと話をした時のこと、H家の主人は1945年1月にポーランドで戦死していることなどを書いた。この記事の結論としては、日本人が第二次大戦についてドイツ人と話す時は、絶対にナチスドイツを非難するべきではなく、同盟国で同じようにとても大変な思いをしたということを強調するべきだということを書いてる。だいたい、日本はナチスドイツのヨーロッパでの勝利を頼みとして第二次大戦に参戦したのに、そのナチスドイツを非難するのはおかしなことである。

 

 

以上、今日はドイツ人家庭にホームステイをした時のことについて過去に記事に書いたことをまとめてみました。3つの記事を合計するとかなりの長文になりますが、時間があったら読んでみてください。