Deutschland-Lab

歴史や文化、スポーツなどドイツに関する情報まとめサイト

まとめ(13)ドイツ映画についての記事

f:id:novaluewriter:20210730134920j:plain

 

 

 

僕はドイツ映画にはけっこう詳しいのでドイツ映画について説明をする。ドイツ映画はハリウッド映画のような娯楽映画は少なくて芸術的な映画が多く、今までに世界で最もヒットしたのは戦争映画「Uボート」である。

 

 今日は過去に書いたブログ記事の中からドイツ映画に関する記事をまとめます。僕はドイツのクラシック音楽にはあまり興味がないですが、映画には大いに興味があって詳しいので解説をします。

 

deutschland-lab.hatenablog.com

 

ドイツ映画というと、みなさんはハリウッド映画のような娯楽映画よりも芸術作品が多いというイメージがあると思うが、実際にドイツ映画の娯楽映画はあることはあるが、ハリウッド映画の方が日本では強いので、日本ではほとんど封切られていない。ドイツ映画史上今までに最もヒットした映画は「Uボート」であり、それ以外に有名なのは「ヒトラー最期の12日間」「ブリキの太鼓」「善き人のためのソナタ」などであり、やはり第二次世界大戦と東西ドイツ分割というドイツの暗い時代を扱った映画が多い。

 

俳優でもドイツ人男優で有名なのはトーマス・クレッチマン、ハーディ・クリューガー、ダニエル・ブリュールなどで、やはり、ナチスドイツ軍人を演じてる人が多い。女優だとマレーネ・ディートリッヒ、ナスターシャ・キンスキー、アレクサンドラ・マリア・ララなどがいる。ナスターシャ・キンスキーは奇跡的な美しさでハリウッドの恋愛映画にも出演したが、その他のドイツ女優はやはりナチスドイツ時代を描いた映画に出演して有名になった人が多い。これはやはり、ドイツ=ナチスドイツ時代、東西ドイツ分割の悲劇の国というイメージが強いからだろう。

 

 

ドイツ人男優はドイツ映画では優しい男性を演じて恋愛映画に出演していても、ハリウッド映画では悪役ナチスドイツ軍人を演じることが多い。それが理由で特に若いドイツ人女性の中には、「好きなドイツ人男優はいない」という人がいる。

 

 

deutschland-lab.hatenablog.com

 

この記事は戦争映画に出演したドイツ男優について説明をしている。トーマス・クレッチマン、ハーディ・クリューガー、クルト・ユルゲンス、ヴォルフガンス・プライス、マクシムリアン・シェルなど。このうち、マクシムリアン・シェルは実はいうとオーストリア人である。ドイツ男優は映画好きの人ならわかるように、ハリウッド映画で悪役のナチスドイツ軍人を演じることが多く、ドイツ映画では優しい男性として恋愛映画に出演してる人でも、ハリウッド映画ではナチスドイツ軍人役を演じることが多い。

 

それが理由と思うが、ドイツ人、特に若いドイツ人女性で好きなドイツ人男優はいないという人がけっこういる。ハリウッド映画で悪役ナチスドイツ軍人を演じてる人が多いので、あまりカッコいいイメージのドイツ人男優がいないからである。

 

deutschland-lab.hatenablog.com

 

2006年11月に東北大学で働いていたドイツ人友達のSとその妻のMが暮らす家に遊びに行ったら、1本のドイツ映画を見せてくれた。その映画は日本ではほとんど知られてないがドイツではけっこう人気がある映画で、「Die Feuerzangenbowle]「ディ フォイアーツァンゲンボウレ」というタイトルだった。「フォイアーツァンゲンボウレ」というのは、クリスマス時期にドイツ人が飲むグリューワインのような温かいワインの一種であり、これはアルコール度がなかり高いので飲むととても気分がハイになって、体が温かくなって気持ちがよくなる。これを飲みながら、ドイツ人は家族と友達とクリスマスパーティを祝うようだ。

 

それで、この映画を紹介されてびっくりしたのは作られたのが1944年で、ナチスドイツが第二次世界大戦を戦ってる時期なのだった。ナチスドイツの時代でもナチス政権を批判する映画は禁止されていたが、国民の娯楽のために恋愛コメディ映画などの映画は作られていたと、ドイツ人友達Sは説明してくれた。この映画は恋愛コメディだが、話の内容と出演俳優については記事に詳しく書いてある。

 

 

以上、今日は過去に書いたブログ記事の中からドイツ映画に関する記事を3つ紹介しました。できれば、これらのブログ記事を読んでみなさんもドイツ映画に興味を持ってほしいです。